どれくらい先を見るか!【前半】

COLUMN

SHIBUYA+BAr未来会議へ

TETSU-LAW君が、SHIBUYA+BArの未来についてプレゼンをしてくれました。
つねに未来をみていて本当におもしろい。

_1170973

_1170970

良いことばかりいっているだけでも後々スムーズにいかないし、 悪い事だけでも前に進めないし、 だけど、そういう表も裏も集まって本当に様々な角度で観察できて、 進むべき道がスムーズにいくし、新しい発見があると信じています。

_1170969

SHIBUYA+BAr未来会議に参加して、ふと数年前に参加したイベントをおもいだしました。

集合場所は、山中湖の目の前にある「ホトリニテ」という小さな宿。
その時の招待文がすてきなので紹介します


【Whole Village Catalogue 全村カタログ】へのご招待

自分たちに感覚の近い人と会って、話をして、場をつくっていくこと。
離れていても、つねに「共感」できる仲間がいることがどれだけ心強い事か。

全村カタログでは、富士山の麓、日本一標高の高いところにある湖のホトリに、そんな、同世代でスペシャルに招待された「心強い人」を集めたいと企画しました。

この日、必ず持ってきてもらいたいものがあります。
それは、本でも、物でも、食べ物でも何でもいいんだけれど、
ひとつ、「アナタの特別なもの」。
自分が今、興味あるものでも、昔あったものでも、影響を受けたものでも、なんでも…

どうですか!
「離れていても、つねに「共感」できる仲間がいることがどれだけ心強い事か」本当にそうですよね。

そして僕が持っていったもの。
それは…

「中学校の卒業文集」
_1170989

この卒業文集は特別なもので、高校、社会に出て、辛い時に心を支えてくれました。
時間が経ってあっという間に過去のものなんだけど、僕の未来を作ってくれたし、いまも作ってくれている。
リンクを貼っておきますので、中学時代のカッコつけ駄文です。
タイトル:こいつら
 
PASS:shibuya

どれくらい先を見るか!【後半】 つづく

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • GOOGLE PLUS