人生は階段を昇るように。

COLUMN

初めまして。

ライフキャリアアドバイザーのRITZです。SHIBUYA+BArでは自分のココロの理解を深める「ひらくワークショップ」を開催しています。

こちらのコラムでは、ココロのこと、働くこと、ライフスタイルなど徒然なるままに綴っていきたいと思います。

さて、私がどんな人間か、少し自己紹介させていただきますね。

私は3人姉妹の長女として育ちました。気まぐれな性格なのに、負けず嫌い。これだ!と思ったことにはものすごい集中します。本やドラマや映画など、物語の世界が好き。

どん底の20代、挑戦と探求の30代と、もがきながらも自分なりに生きること、働くことに向き合い、徐々に人生が好転してきた2010年ごろ、ココロの仕組みについて興味を持ち、学ぶようになりました。もともと、組織の中で女性として働き、子育てもする中で、ダイバーシティについても関心を持っていましたが、ココロについて学ぶことで、これまで自分の周りで起こった様々なことがすっと腹に落ちていきました。今は、ココロの多様さという曖昧な事柄を誰にでも理解出来る明快な言葉で伝えていくことが私の役割だと思っています。

人生は階段を昇るように。

女優のジェーン・フォンダさんが、TEDでこのようなことをおっしゃってました。

人生はアーチ型で、ある時をピークに衰えていくと思われているけれど、精神は階段を昇っていくように成長し続ける。

これってとても素敵なことだと思いませんか?私は、この先の未来にどのような自分がいるのか、ワクワクします。挑戦する人したい人が集まる+BArを通じて出会う皆さまと一緒に一段一段昇るように成長し、豊かな未来へ歩んでいければ幸いです。

  • FACEBOOK
  • 0
  • TWITTER
  • 0
  • GOOGLE PLUS
  • 0