XYZ 〜日曜日の朝に〜

COLUMN

ビジョンの先に見つけた「夢」は、CITY HUNTER 「冴羽獠」のような存在になること。

 

5月13日の日曜日は、DESIGN FESTA (vol.47)の2日目でした。

 

5月からの3ヶ月は、SHIBUYA+BAr にとってすごく重要な期間で1日たりとも無駄にできない。

それがわかっているからこそ、DESIGN FESTAを起点に結果を出す。

そういう意気込みで、この週末は頑張っていました。

ところが…

朝、寝不足が影響したのか「頭が痛い」。

そんな状態で、身体に鞭打って電車に乗った。

途中で立っているのも限界になって、新宿駅のトイレに座り込んだ。

トイレで長居するのも申し訳ないから近くの空いているカフェに入った。

アイスコーヒーだけ頼み、30分くらい寝た。

 

目が覚めた時、近くの席の女の子が、前に座る男性に熱く「夢」を語っていた。

(たぶん学生だろう)

私の調子は、いくらか回復していました。

(そろそろDESIGN FESTAに向かわないと)

そう思いながらも、ぼんやりしながら近くの席の彼女の話を聞いていました。

身体は疲れているはずのに、

次第になんだかやる気がみなぎってきました。

私は、知らないうちに彼女から出る熱量で元気になっていました。

それと同時に、(何か力になれないだろうか)と思っていました。

 

会計をして

私は、彼女に声をかけました。

突然のことで彼女は理解できなかったと思います。

名刺を渡して、ひとこと伝えて、お店を出ました。

 

夜、彼女からメールが来ました。

朝、声をかけたのは、自分の心が震えたからだろうか。

大都会 新宿でなんの因果関係もなく出会った人の変化はどうなっていくのか。

想像できなくて面白いですね。

5月13日。

SHIBUYA+BAr のCiTY HUNTERは、

CITY HUNTERの聖地「新宿」から、そんな1日のスタートを切っていました。

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • GOOGLE PLUS